便秘解消

乳酸菌とキムチ

乳酸菌というと、その漢字からチーズやヨーグルトといった食品を連想することが多いかも知れません。
チーズやヨーグルトは、動物性の乳酸菌です。
一方のキムチは植物性の乳酸菌で、他に植物性の乳酸菌には、みそや醤油があります。
つまり、乳酸菌により発酵した食品です。

キムチは以前から、健康効果が高い食品として注目されていました。
それは、キムチに含まれるカプサイシンという辛みのある成分が、血行促進作用や代謝促進効果があることが大きく関係しています。

そして、キムチには乳酸菌が含まれています。
キムチに含まれている乳酸菌は、キムチをそのまま食べることから、たくさん摂取しやすくなっています
キムチを食べたことのある方ですと分かるかもしれませんが、日が経つと酸味が強くなってきます。
これは、キムチが発酵している、つまり乳酸菌が増えているためです。
賞味期限は言うまでもなく守りたいものですが、購入後、キムチのパックの中では乳酸菌が増えている状態であるということを知っておくと良いかもしれません。

乳酸菌は一度に大量に摂取するより、定期的に摂取した方が効果があるとされています。
最近ヨーグルトを食べていない、などふと思った時に、食事の際キムチもおかずの一品に加えると良いのではないでしょうか。
また気軽に摂取しやすい乳酸菌サプリメントについての記事も参考にご覧ください。
Copyright © 腸内に欠かせない菌 All Rights Reserved.