便秘解消

乳酸菌をより効果的に摂取

乳酸菌は腸内の環境を整えてくれる、健康状態を維持するためにとても大きな役割を担っている菌です。
乳酸菌は食物から摂取しますが、この乳酸菌をより効果的に体内に迎えるにはどうしたら良いのでしょうか。
乳酸菌にとって、大きな関門となるのが胃で分泌される胃酸です。

胃酸は体内に入ってくる菌と戦う、体にとってとても重要な働きをしてくれているわけです。
しかし、体に良い働きをするために入ってきた乳酸菌とも胃酸は戦ってしまいます。
そこでできるだけ胃酸が休息状態に入っている時に乳酸菌を体内に入れるのが、これらが元気なまま腸に届く方法のひとつと考えられます。

胃酸は空腹時と、大量に食物を摂り込んだ時に多く分泌されます。
ですから、ほどよくおなかが満たされている状態の時が乳酸菌を効率的に摂取するチャンスです。
ほどよい量の食事をした後や、軽食の後が、良いタイミングだといえるでしょう。

乳酸菌は植物性の方が胃酸に強く、元気な状態で腸に届きやすいです。
いかに腸まで元気な状態で届けたいかを考えると植物性乳酸菌を良いタイミングで摂取するのが望ましいですが、動物性乳酸菌であっても腸を元気にするよう働きかけることに違いはありません。
Copyright © 腸内に欠かせない菌 All Rights Reserved.